本物の健康を手に入れる

心臓の手術とキレーション療法

 

ここでは、現状を把握する為に、
心臓や血管系の手術についても
お伝えしていきますが、

 

アメリカで年間、心臓のバイパス手術をおこなった人は、
40万人以上にも上ります。

 

そして、

 

血管系の手術は、約130万人くらいの人が行っています。

 

大体手術の費用は、平均500万円くらいかかると言われており、
心臓、血管系の市場は数兆円くらいの大きな産業になっているくらい
患者数が多いのです。

 

しかも、全体の5%くらいの人は
手術中に亡くなってしまい、
手術が成功したとしても、
数ヶ月後には亡くなってしまうという
データもあるので、非常に大変な手術であることが分かります。

 

 

心臓や血管系の研究をしている専門家が話している内容で、
こういった心臓のバイパス手術や血管系の手術というのは、
何のメリットも無く、デメリットが上回るということも言っています。

 

ですが、

 

手術する人は
手術する以外に方法はないということで
仕方なくしているというのが現状としてあるのです。

 

実はこういう方法は間違いで、
他の方法があります。

 

他の病気でガンや腫瘍の病気がありますが、
短期的に、そのガン細胞や腫瘍を取り除いて良しとしても、
数ヶ月後、数年後に再発してガンが他の臓器などに転移してしまう
というのが、ほとんどなのです。

 

やはり、
これは何回もお伝えしていることではありますが、
対症療法として短期的に病気を治そうとするのではなく、
根治療法として長期的に病気を治していくという姿勢が大事に
なってきます。

 

 

 

 

           心臓手術よりも、キレーション療法

 

心臓や血管療法での根治療法としては、
キレーション療法というものがあります。

 

キレーション療法とは、
血液に存在する重金属や、アルミニウム、
なまり、水銀などを結合させて
それらを排泄させる療法です。

 

重金属を体内、血液から出すことによって、
フリーラジカルが起こらなくなります。
フリーラジカルが無くなると、動脈の損傷がなくなって、
免疫能力が高まってきて、心臓や血管の疾患を治してくれるように
なります。

 

こういう方法が、
キレーション療法と呼ばれているものです。

 

 

心臓の手術をする前に、
キレーション療法をしてからするのが、
他の国では法律などで決まってる所もあるくらいで、
これは他の国ではメジャーな治療法になります。

 

手術の価格の何分の1とかの価格で出来て、
非常に良い方法で、何百人、何千人の命を救ってきた療法で、

 

お金儲けがしたいから、キレーション療法は
あまり話題にしないようにしていたり、
キレーション療法の批判をしたりするような方向に
現在は行っています。

 

キレーション療法から患者を遠ざけようというのが
意図があるからです。

 

キレーション療法をリサーチして
こういう悪い結果があるとか、
副作用があるとか言われているが
これは手術をさせるためにしている事です。

 

 

単純に考えて心臓に刃物を入れるのと、
血管のゴミやカスをキレイにするのとでは、
どちらが危険で、どちらが安全かというのは
普通の人であれば分かることです。

 

医療業界ではキレーション療法を患者に知らせないで、
手術などをさせようという方向で物事が進んでいるので、

 

今これを読んで頂いている方の中には、
キレーション療法という言葉すら、
知らなかった人も
多くいらっしゃることが予想されます。