本物の健康を手に入れる

血液とは?血液洗浄について

血液と聞くとどういうことをイメージしますか?
赤い物、体の中に流れている物、ケガをしたら出る物
色々なことをイメージできると思います。

 

まず血液を専門的に勉強した人であれば、
血液は本当にトップレベルの複雑な働き仕組みを持った
器官の1つであることは既に知っているかと思います。

 

例えば、
血液が凝固するメカニズムを勉強するにも
血液の事など様々な内容を
1年以上もかけて勉強しないといけないほど難しく
難解なシステムと言われています。

 

それくらい深く難しく大事な器官が
血液なのです。

 

 

 

 

 

       血液とは、どんな仕事をするのか?

 

おおまかにみると血液には3つの仕事があります。

 

 

 

1つ目の血液の仕事
色んなものを、酸素、二酸化炭素、栄養、カスなどを運んだりします。

 

2つ目の血液の仕事
私たちの体をバクテリアやウィルスなど悪い細胞から
守ったり、白血球などの免疫システムを使って、悪い細胞から
守ることをしています。

 

 

3つ目の血液の仕事
電解質、水分、、血糖値、などの
バランスをとってくれます。

 

これら3つが大きな役割の仕事になります。

 

 

       血液洗浄が必要な理由とは?

 

 

人間は生きていると様々な所が汚れてきたり
弱ってきたり劣化してきたり
するようになります。

 

血液もその内の一つで、
生活をする中で、必ず汚れてきます。

 

その汚れた血液をなぜキレイに洗浄しないといけないのか?
汚れたままにしていると、どうなってしまうのか?

 

まず血液が汚れるまでの過程でいうと、

 

私たちは日常生活で、悪い食生活をしたり、
環境汚染にさらされたり、悪い病原菌にさらされたりして、
血液はが汚れてダメージを受ける事になります。

 

ここでしっかりと、

 

血液をキレイに洗浄することで
酸素や栄養素などを運びやすくしたり、
悪い細菌やウィルスを殺したり、
血糖値や電解質のバランスを保ったり、

 

こういった大事な仕事を血液はやりやすくなり、
それが体に良い影響を及ぼして、健康に繋がってきます。

 

本来、私たちの体の中に流れている
血液には殺菌能力があって、
単純に、ウィルスや病原菌などは血液の中で生きることが
出来ないのです。

 

 

医師や専門家は何年もかけて、
こういう事を勉強して熟知しているから、
洗浄することに否定的な意見を述べていることがありますし、
実際に、そういう発言をしている人もいます。

 

 

      血液と毒素、ウィルス、バクテリアの悪影響

 

ですが、盲点が1つあります。
その盲点は何かと言いますと、

 

私たちの血液は、本来であれば殺菌力がある状態ではあるのですが、
ほとんどの人は、本来の血液を今現在では持っていないのです。

 

なぜか?

 

この現代では、色んなことが良い意味でも悪い意味でも発達をして、
様々な病原菌に体や血液がさらされたり、食習慣であったり
毒素やウィルスやバクテリアなどなど

 

 

私たちが持っている本来の血液の殺菌力を上回るような
現代に私たちは生活をしているのです。

 

HIVやHPVというものが実際に血液の中に存在します。
血液の中に悪いウィルスとして
HIVなどが事実として存在しているのです。

 

昔の食習慣や環境などであれば、
血液には殺菌力があってウィルスが存在できないような状態で
ありましたが、
それは時代が大きく変化して、血液にウィルスなどが
存在できるようになってしまったのです。

 

ですから、

 

専門家や医師が言う、血液の中にウィルスは存在することが出来ないというのは現代では、
あり得ない話なのです。

 

私たち現代人の血液というのは、昔の人に比べて
毒素やウィルスやバクテリアや菌などによって汚染されていますので、
本物の健康を手に入れるには、
血液をしっかりと洗浄する必要があります。