本物の健康を手に入れる

肝臓と胆嚢と腎臓のデトックス

 

最低でも3ヶ月に1回くらいは、
肝臓と腎臓と胆嚢のデトックスをすることを
強くオススメします。

 

カスや毒素や不要な脂肪分を体に入れないように頑張って注意をして
生活していたとしても、どうしても毒素やカスなどが
体の中に入って蓄積してしまいます。

 

そこで、

 

臓器の健康状態を取り戻す為にも、
蓄積してしまった毒素やカスや脂肪分を排泄するのに
必要なハーブや食品や、その排泄方法などについて
お伝えしていきます。

 

 

まずは肝臓と胆嚢について、
脂肪分や毒素や化学成分を排泄させる
簡単なデトックス法は、

 

 

塩酸ベタインを使ったり、

 

 

※塩酸ベタインとは、
アミノ酸の一種で、
肝機能を強化してくれて、肝機能改善に大きく
役立ってくれる物質。

 

 

酵素を使ったり
たんぱく質代謝エンザイムを使ったり、
赤ビーツ(かぶみたいなやつ)を使ったり

 

これは本格的なデトックスではないが
定期的に出来る内容だと、
赤ビーツとリンゴをミックスしたジュースを飲むこと。

 

排泄をした後に、肝臓にも栄養を入れないといけないのですが、
その肝臓にとって良い栄養となるものはどういうものか?

 

 


マリアアザミ
これは何百年も前から肝臓に良いといわれてきたもので、
これはアルコールでダメージ受けた人とか、
C型肝炎になってる人とかにオススメです。

 

 

 


タンポポの根
タンポポの根っこの部分は肝臓に良い栄養素が含まれています。

 

 

 


コオウレン
昔から、肝臓の健康を維持する為にずっと
使われてきたものです。

 

 


アーティチョーク
肝臓の解毒をサポートしたり肝機能を回復させるものです。

 

 

 


赤ビーツ
肝臓の再生能力をアップさせたり、肝機能向上に役立ってくれるものです。

 

上記に挙げた物が、肝臓にとって
良い栄養素になって、肝機能、再生能力を回復させて
元気に活発にしてくれる物になります。

 

               本当のデトックス

 

腸内を洗浄した上での話しになりますが、
腸内洗浄をした後に、
肝臓、胆嚢、腎臓のデトックスをします。

 

胆嚢、肝臓、腎臓の中には、
毒素や石やカスや、色んな化学物質だったり
コレステロールだったり
そういったものが沢山詰まっています。

 

その詰まっている体にとって悪い物を
全部押し流して、
キレイなピンク色した、
キレイな肝臓、胆嚢、腎臓にして、
健康にしてあげる必要があります。

 

このように、
キレイにピンク色になった臓器の状態で
生活をしていくことが出来れば、
ほとんどの症状や病気を予防したり、
治したりする事が可能になります。

 

そして、普段生活している中でも、
体が楽になったり、精神的に余裕が出てきたりします。