本物の健康を手に入れる

水銀アマルガムと健康被害

 

水銀は非常に怖い物質であるというイメージを
多くの方が持たれているのではないでしょうか?

 

過去に大きな健康被害や病気などがあり、
それが一斉にテレビニュースや新聞などでも
報道された時期がありました。

 

水俣病や公害などは社会問題にもなり、
学校の教科書にも事件の内容について
掲載もされていたくらいです。

 

ここで歯医者さんの話になりますが、

 

歯医者さんで虫歯の治療をするときに
歯を削ることがありますが、
その歯を削った所に使うのが銀歯なのですが、

 

この銀歯は水銀から出来ています!

 

そして、
その水銀アマルガムはどういう成分で出来ているかと言いますと、
銀 すず 銅 亜鉛
などで成り立っていて
まあ普通に考えて危険だろうと思うのですが、

 

歯医者が水銀を使う理由は、
他の金属と混ざり合わせれば固まって
しっかりとはまるから大丈夫だと言う意見があるから
使っているのです。

 

ですが、、、
これは別に安全だという
テスト結果が出ていない状態での話しなんです。
こういう状況で、大丈夫大丈夫と言われても、、、

 

実際に素人の人が、こういう経緯を知っていたとしても
大丈夫な訳は無いだろうと思いますよね?

 

事実、水銀は大丈夫ではありません。

 

実際にこれは実験テストをした結果が
出たのですが、
その内容は、

 

銀歯で噛んで圧力がかかったときに、
水銀の成分が蒸発するのですが、
その水銀から蒸発した成分が、

 

脳とか、肺 心臓 胃 腎臓 内分泌腺
腸にもれてるっていうのがわかったのです!!!

 

こういう事が分かった現在でも
銀歯は日本国内の多くの歯科医院で使われているのが
現状なのです。

 

他の研究としては、
これは良いか悪いか、
ある銀歯を多く抱えている患者さんがいたのですが、
その人の銀歯を全部とったら、

 

なんと!

 

腎臓の機能が50%アップしたらしいのです!

 

こういう事からもやはり、
銀歯をしているだけで、内臓に大きな悪い影響を
及ぼしているのがわかります。

 

こういう沢山の銀歯が体に良くないという研究結果が出てきていて、
反対運動なども過去にあったのですが、
その反対運動に対して、歯科学会は
確かに害は多少はあるが、少しだから大丈夫という内容を
伝えたのですが、

 

銀歯は悪いということは理解していても、少しだけだったら
あんまり害はないから大丈夫ということを言っているのです。

 

確かに100歩譲って短期的には大丈夫だとしても、
長期的に、何十年単位でみたら、銀歯の成分が蒸発して
その蒸発した成分が脳内に蓄積されていったら、
体に害があるのは誰でもわかります。

 

食品に含まれている食品添加物みたいなもので、
これを毎日毎日とって体内に蓄積していったら
短期的には病気にならなくても、長期的にみたら
かなりの確率で重い病気になります。