本物の健康を手に入れる

ヨーグルトで腸内環境を改善?

ヨーグルトのイメージといえば、
おそらく乳酸菌や腸内菌やビフィズス菌など
菌に関してはこういうイメージをする人が多いかと思います。

 

そしてそれらの菌は
ヨーグルトを食べると
腸内で活発に活動してくれるんじゃないかと、
特に疑いも無く思うのではないでしょうか?

 

私自身、昔はそう思っていました。
雑誌や新聞、テレビや健康に関する本や周りの健康オタクと呼ばれる人の意見や
医師の意見など

 

そういった人達もヨーグルトはお腹にいい腸にいいという事を
口を揃えて言っていましたから。

 

ですが、市販のヨーグルトの製造方法や中身など成分などを
調べてみると、2つの事実がわかりました。

 

その内容は、

 

まず、

 

1つ目に、

 

売られている市販のヨーグルトは、
どういう菌を使って作られているかというと
ブルガリクス菌とストレプトコッカスサーモフィルス菌
というもので作られています。

 

この2つの菌は、今まで紹介してきた腸内菌、
ラクトバチルスアシドフィルス菌やビフィズス菌などなど
に比べると腸内で活動するパワーが弱いんです。
ウィルスが入ってきた時も、あまり攻撃力が強くないというのがあり、
メインの、ラクトバチルスアシドフィルス菌などのほうが
ウィルスに対して強い攻撃が出来るんです。

 

他の分野でも、健康の分野でもそうですが、
小さい結果を出すものに集中して一生懸命になるか?
大きい結果を出すものに集中して一生懸命になるか?

 

二者択一になった場合、
後者になるのが普通で効率が非常に良いです。

 

大きな結果が得られることに集中するのが大事だと
考えます。

 

 

そういった意味でも、腸内菌を摂取したいからという気持ちで食べるのは
あまりオススメではありません。

 

しかし、

 

味が好きで好き好んで食べるというのは良いと思います。

 

 

そして、

 

2つ目の理由が、
ヨーグルトを工場で生産をして、出来た物を容器に入れて、
トラックに積んで、それを全国のスーパーやコンビニなどに届けて、
店に届いた物を店舗に並べて、私たち消費者がそれを選んで買って、
家に持って帰って食べる

 

という感じで、工場でヨーグルトを生産してから
私たちがそれを買って食べるまでに、
かなりの時間と手間ヒマがかかります。

 

そうなってくると、
ヨーグルトを腐らせない為に、

 

消費期限を伸ばす工夫が必要になってきます。

 

ちなみになんですが、

 

消費期限と賞味期限の違いはご存知でしょうか?

 

 

 

消費期限は、その表示されている期日までに消費しないで
      その期限が過ぎて食べると体調に問題が
      起こるかもしれないので、
      食べない方が良いという期限です。

 

 

賞味期限は、表示されている期限よりも過ぎてしまうと
      食べても大丈夫ですが、期限が過ぎている分
      味が劣化していて美味しさの保証が出来ないという期限

 

 

過去、私の周りでは賞味期限が過ぎたら食べない方がいいと言われていましたが
それは、賞味期限と消費期限を混同していたんだなーっていうのが
大人になって気付きました。

 

 

少し話しは脱線しましたが、

 

話を戻します。

 

ヨーグルトを長持ちさせる為に、
製造過程で、ヨーグルトに含まれている成分を
低温で滅菌されてしまいます。

 

滅菌という字のごとく、
菌が死んでしまっているわけです。
製造過程で。

 

なので売られているヨーグルトっていうのは
腸内にほとんど意味がないことになります。
腸内菌が死んでますから。

 

これは全ての加工食品に言えることです。

 

一応お伝えしておくと、
スーパーやコンビニで売られている
100%ジュースと表記されている野菜や果物のジュースがありますが、
あれもヨーグルトと同じで製造過程で、長持ち消費期限を伸ばす為に
殺菌をしています。

 

その結果、
野菜や果物に含まれる栄養素は死んでしまうのです。

 

 

加工された物を食べても
私たちは健康な生活を送ることが出来ないのは、
こういう大きな理由があったりします。

 

 

では、加工されたヨーグルトを食べても
あんまり意味がないという事は分かったから
じゃあ何をすればいいの?

 

っていうところに話が来ると思いますが、

 

具体的には、

 

新鮮な野菜や果物を食べると良いです。
これを食べることによって、私たちの腸内にいるビフィズス菌を
活性化させてくれて、ビフィズス菌が元気になって仕事をしてくれるように
なります。

 

逆にビフィズス菌を殺してしまう食べ物は、
肉類や乳製品などで、

 

肉類を食べると悪玉菌が増えて、
その結果、腸内のビフィズス菌が死んでしまうことになります。
肉は食べても良いんですが、
食べすぎないように気をつけることが重要です。