本物の健康を手に入れる

腸内菌サプリメントについて

 

 

フラクトオリゴ糖が入っているサプリメントを
選ぶようにする

 

フラクトオリゴ糖は砂糖みたいに甘い物で、
腸内菌の大好物な食べ物で、
フラクトオリゴ糖を腸内菌が食べると
腸内菌が1000倍以上パワーアップすることが研究で分かっています。

 

ここでは深く掘り下げませんが、
多くの腸内菌があって、
色んな種類がありますから全てではなく、
フラクトオリゴ糖を大好物とする
特定の腸内菌は1000倍になるということです。
フラクトオリゴ糖は質の良いものを摂取するようにしてください。
質の悪いものだと、悪玉菌もそのオリゴ糖を食べてしまうことがあるので、
サプリメントを買う時に、注意書きとか説明などをしっかりと見て
判断した上で買うことが重要です。

 

 

 

 

 

腸内菌というのは、生きてるものなので、
当たり前ですが、死んだものを体内で活用することは出来ません。

 

ですので、

 

まず1つ目のポイントとして、
生きている腸内菌が入っているサプリメントを
買うことが大事になってきます。

 

サプリメントは工場などで生産されていますが、
その生産過程の段階では、腸内菌が生きているという風に
ラベルに書いてあることがあります。

 

しかし、

 

工場を出て、私たちの手元に届くまでに
腸内菌が死んでいることも考えられます。

 

腸内菌は強い面もあるのですが、
弱い面もありますので、

 

30日、60日という時間が経過すると
半分以上、もしくは5分の1くらいに
腸内菌が減ってしまうということも言われています。

 

特に、熱とか湿気には
腸内菌は弱いので、
これらを避けることが重要になってきますので、

 

サプリメントメーカーが
こういう事にしっかりと気を遣っているか?
腸内菌が死なないような具体的なことはしているか?

 

こういったことを私たち消費者は、腸内菌のサプリメントを買う時に
見ることが大事です。

 

最低限、冷蔵庫で低温で保存している会社の
腸内菌サプリメントを買うことが賢い選択になってきます。

 

間違っても、冷蔵庫も何も使わないで腸内菌サプリメントを
作っているような会社の物は買わないほうがいいでしょう。

 

良い良質な腸内菌サプリメントを家に持って帰った時には、
必ずそれを冷蔵庫なり冷やすなりして保存しておくようにしてください。

 

 

サプリメントメーカーによっては、
胃の中で、胃酸で腸内菌が死なないように
カプセルでコーティングしていたりしますが、
これは賛否両論があると思います。

 

まず、腸内菌は胃酸で死ぬほど弱いものでもないと思われます。

 

理由は、

 

 

難しいですので、簡単にお伝えしますと、

 

腸内菌が豊富に含まれている
納豆とかキムチとかお味噌汁とか
そういった物を口に入れて
食道を通って胃にたどり着いて

 

そこで食べ物を消化してその後、
腸などにそれを渡して
栄養を全身に行き届かせるという
作業過程があります。

 

もしその過程で腸内菌が死んでいたら、
私たちの腸内には菌は存在することがなく、

 

前にもお話しましたが、

 

腸内菌がないことで、すぐウィルスなどに体がやられて
すぐ病気になってしまいます。

 

なので、カプセルで腸内菌をコーティングしても
腸内菌の効果効能などには、あまり影響はされないんじゃないかな
というのが1つの意見です。

 

 

 

        【腸内菌サプリメントの飲み方】

 

 

胃の中が色んなものでゴチャゴチャしていると
吸収率や消化などが悪くなってしまいますので、

 

腸内菌サプリメントを飲む時には、
必ず、胃が空っぽの状態で飲まれることをオススメします。

 

空腹時、夜寝る前に飲むことで、
腸内菌サプリメントの吸収率や消化がスムーズにいくように
なりますので、このような感じで飲んでみてください。

 

量は、人によってそれぞれ違うのですが、
最初は少しづつ飲むのが良いです。

 

腸内菌サプリメントを飲むということは、
腸内に善玉菌を多く取り入れるという事と
意味が同じになりますから、

 

腸内の善玉菌が増えると、
自然と悪玉菌が死んでいきます。

 

最初から沢山の腸内菌サプリメントを飲んでしまうと、
悪玉菌の死骸が腸内に沢山あふれかえってしまいます。

 

腸内にこういうものが沢山あふれかえると
どういう症状が起きるかというと、

 

オナラが沢山出たり、お腹が痛くなったり、
このような症状が起こってきます。

 

そのような理由から、
最初は少しずつ腸内菌サプリメントを
飲まれることをオススメします。