本物の健康を手に入れる

善玉菌を増やすには?

 

腸内菌が少ないと全く免疫機能が働く事をしなくなって、
健康状態を維持する事が出来なくなったり、
最悪、健康状態が悪化して
病気になる事すらあります。

 

なので、

 

免疫機能を高めて、
健康状態を維持したり、向上させたりする為にも、
腸内菌を増やすことが必ず必要になってきます。

 

ではまず最初に、
必要な腸内菌の数についても知らなければなりませんが、
具体的に、どれくらいの腸内菌が腸内に生息していれば
良いのでしょうか?

 

本来、健康な人であれば、
約100兆個の腸内菌が腸内に生息していると
研究結果で分かっています。

 

100万でも100億でもなく、
100兆個です!

 

天文学的な数字で驚いてしまいますが、

 

100兆個の腸内菌が、
口から入れた食べ物の消化をサポートしてくれたり、
ビタミンや酵素を作ってくれたり、
病気にならないように免疫機能を高めてくれたり、
ウィルスやバクテリアなどを殺してくれたり、

 

様々な事を私たちが生きる為に、
健康を維持する為にしてくれているのです。

 

そこで、ここでも出てくる疑問として、
では具体的にどうすれば私達の健康を守ったり、保ったりしてくれる
腸内菌を増やすことが出来るのか?
という事ですが、

 

これは町のスーパーなどでも普通に売っていて、
皆さんが家庭でよく食べられているであろう、
発酵食品を食べる事で、
腸内菌や善玉菌を増やす事が出来るようになります。

 

日本人は食事に関して非常に恵まれていて、
世界一の健康長寿の国として、
世界的に日本は認知されていますが、

 

日本人が世界で一番寿命が長い理由の1つとしては、
発酵食品が日本では豊富にあり、
それを日常的に習慣的に食べているから
という事も言われています。

 

食卓には毎日のように味噌汁が出てきますが、
この味噌汁も発酵した味噌で作る発酵食品で、
こういった物を毎日食べている事が
健康や長生きの秘訣としてあります。

 

味噌汁以外にも、
発酵食品は色々とあるのですが、
日常生活で慣れ親しんでいるものを挙げるとすると、

 

納豆、キムチ、漬物、しょうゆ
などなど

 

ちょっと変わった発酵食品で、
日常ではあまり食べないような物であれば、

 

ザワークラウド(キャベツの漬物 酸っぱいキャベツです)
紅茶キノコ(紅茶を発酵させた物で、キノコではありません)

 

などがあります。

 

 

発酵食品以外で、善玉菌を増やすとなると
健康食品やサプリメントなどが効果的です。

 

サプリメントで腸内菌や善玉菌を摂取する場合に
正しい腸内菌のサプリメントの選び方を知る必要がありますので、

 

次のテーマでは、
腸内菌サプリメントの選び方について
お伝えしたいと思います。