本物の健康を手に入れる

腸内菌の数はどれくらい?

 

私たちの体には腸内菌が多数存在していますが、
実際には、
どれくらいの腸内菌が腸の中に存在しているのでしょうか?

 

10匹? 50匹? 100匹? 500匹 1000匹?

 

答えは
約400種類の腸内菌が腸内に存在していると
言われています。
そして400種類の腸内菌を全て足すと、
なんと100兆個にもなります。

 

 

これは仮に行われた場合ですが、
もし、

 

健康な人の腸内菌を隅々から全て集めて、
体重計など重さを量る物に乗せてみた場合、
大体2キロから4キロくらいの重さになると
言われているくらい
莫大な数の腸内菌が存在しています。

 

腸内菌が生息している場所は、
消化器官ですが、
その人間の消化器官は口から肛門までの所を指します。

 

その消化器官である
口から肛門まで、
ほんの少しの隙間も無い、0、1ミリの隙間も無いくらいに
莫大な数の腸内菌が、ビッシリとそこに生息しています。

 

消化器官に、
莫大な数の腸内菌が生息してくれているおかげで、
私達は健康的な生活を送る事が可能になっていて、

 

仮に、

 

不衛生な場所や環境の悪い所に行った場合、
そこにはウィルスやバクテリアなど
人間の体調を狂わしたり、病気にさせるような
物が沢山あったとしても、

 

それらのウィルスやバクテリアを
退治して守ってくれる働きを
腸内菌はしてくれます。

 

実は、
ウィルスやバクテリアを退治する事だけが、
腸内菌の仕事ではなく、
他の働きもしてくれています。

 

私達が食事で食べた物の
消化を促進させて、
消化をスムーズに出来るように
してくれたり、

 

栄養素である、
ビタミンB、ビタミンK、酵素なども生成してくれたり、

 

こういった働きも腸内菌にはあります。

 

腸内菌は健康になる為にも、健康を維持する為にも、
非常に大事な物なのですが、
現代人の私達に、
この腸内菌の大切さが分かっていても、

 

実際には、
腸内菌が減少している人が多くいるのが現状としてあります。

 

後ほど、これもお伝えしていきますが、
食生活や環境やタバコや体に悪いとされている事を
現代人は沢山しているので、

 

その悪影響として腸内菌が減少してしまい、
健康を崩してしまうという人が
非常に多いのです。

 

腸内菌を減少させないで、
腸内菌を増やすような食生活や環境に変える事で、
ウィルスやバクテリアに負けない
強い健康な体を手に入れる事が出来ます。

 

 

善玉菌と悪玉菌の関係でも、

 

腸内に良い善玉菌が腸内に沢山生息する事で、
悪い悪玉菌の働きを阻害したり邪魔したり、

 

悪玉菌を減少させたり
する事が出来ますので、

 

腸内菌を増やす事は、
悪玉菌の悪影響を阻止してくれる
事にもなります。

 

 

次のテーマでは、
腸内菌、善玉菌がなぜ減少してしまうのか?

 

その減少してしまう原因について
お伝えしていきたいと思います。

 

 

次回のテーマはこちら ↓

 

善玉菌が減少してしまう原因?