本物の健康を手に入れる

腸とリンパ系の関係について

 

腸について色々とお伝えしてきましたが、

 

腸が上手く機能しない、
宿便が溜まっている、
などなど
腸に沢山の問題を
抱えている人が現代には多くいます。

 

実はこのような腸の問題が
一番悪影響を与えてしまう所があります。

 

それは、

 

リンパ系です。

 

腸のテーマでは、
トイレの話ばかりを例に出して、
色々とお伝えしていましたので(笑)

 

ここでは、
洗い物を例に書いていきます。

 

沢山の食器を流しで洗っていて、水が流れる
排水口が詰まったとします。

 

そこでその排水口をキレイにしないで
そのまま食器を洗い続けたらどうなるか?

 

水が逆流してきます。

 

腸の問題を抱えることで、
この排水口と同じような現象が、
リンパ系に起こってしまうのです。

 

そもそも、リンパ系とは何か?
について少しご説明をしますと、

 

リンパ系とはリンパ液を運ぶ
導管ネットワークで、
リンパ系には3つのお仕事があります。

 

1、肉体組織から余った液を取り除くこと
2、消化吸収された脂質を循環系まで運ぶこと
3、免疫担当細胞の生産をすること

 

 

要するに、

 

体内の色んなゴミを出してくれたり
免疫の細胞を作ったりするところがリンパ系と
解釈してもらえれば良いと思います。
リンパ系=掃除と細胞を作る仕事

 

冒頭でお話をした、
腸の問題が起きるとリンパ系が
洗い物の排水口みたいに
逆流してしまうという話に戻りますが、

 

リンパ系が掃除して集めたゴミ
(老廃物や毒素やバクテリアや重金属やウィルスなど)

 

これらの多くは、腸などに送られます。

 

腸に問題を抱えていると、

 

(ここでの腸の問題は、宿便が溜まって詰まっているから
流そうとしても逆流してしまう状況です)

 

リンパ系から腸へ送られたゴミは、
逆流してしまうのです!

 

腸がキレイな状態で宿便もなく、何も詰まっていない状況で
リンパ系からゴミを渡されたら
腸はそれをウンコとして排泄するようにしますが、
それが出来ない状態になってしまい、
どうしようもなくて逆流してしまうのです。

 

リンパ系のゴミが逆流して
リンパ系や色んなところに戻ってきて、溜まってしまうわけですから
これは普通に考えて悪い事なのは、
誰でも分かる事です。

 

そして、

 

この悪い事、
リンパ系にゴミ(老廃物や毒素やバクテリアや重金属やウィルスなど)
が溜まり続けるとどうなるかと言いますと、

 

リンパガン
という大病になってしまいます。

 

20年前に比べると
リンパガンが非常に増えている傾向にありますが、
それは今、
お伝えしているような事が
体内で起こっているからなのです。