ビタミンとファイトケミカルとエンザイム酵素

 

食事をしたり、サプリメントを摂取したりする理由は、
ビタミンを摂取するということも大きな理由の1つとしてあるのですが、

 

では、そもそもビタミンとはどういう物質なのでしょうか?
簡単にご説明すると、
ビタミンというのは、
エンザイム酵素の仕事の補助をしてくれる、
助けてくれるコエンザイムで、
コエンザイムがビタミンというように認識しておけばOKです。

 

 

 

 

        エンザイム酵素とは何か?

 

新鮮な野菜や果物に含まれている物で、
体の中での食べ物の消化や代謝をしてくれる物
それがエンザイム酵素です。

 

例えばアルコールを分解する時に、
デヒドロゲナーゼという酵素を使って
アルコール成分を分解してくれたりするのですが、

 

その時に、
ビタミンB2をコエンザイム(補酵素)として使って
働きをサポートします。

 

ビタミンはエンザイム酵素を
サポートする役割を持っている物です。

 

単純に、ビタミンが不足してしまうと
エンザイムがしっかりと私たちの健康を守る為の
様々な活動をしてくれなくなります。

 

 

※コエンザイムとは?
コエンザイムというのは英語なのですが、
日本語では補酵素と呼ばれています。
要するに、酵素を補助する役割がある物
それがコエンザイムです。

 

 

 

 

 

 

       ファイトケミカルとは?

 

ファイトケミカルは栄養学の歴史から考えて、
比較的、最近発見された栄養素の1つで、

 

どういう物があるかというと、

 

スルフォラファン(ブロッコリーなどに含まれている)
レスベラトロール(グレープ類などに含まれている)
リコペン    (トマトなどにふくまれている)

 

などが有名なファイトケミカルとしてあります。

 

馴染みのビタミンやミネラルやたんぱく質などは
昔から多くの研究がされており、
それらについて沢山のことが分かっていますが、
ファイトケミカルはまだ比較的最近に発見された栄養素なので、
馴染みのあるビタミンなどに比べたら
まだまだ研究が多くされていないので、

 

現段階では分かっている事が少ないですが、
これから沢山の効果効能がわかってくると思います。

 

ビタミンやミネラルも何十年も研究されて
ようやく一般の人にもビタミン、ミネラルの栄養素が
体に良い物ということが認識されてきたという経緯がありますので、
時間はまだまだ、かかると思いますが、
これから発見される、ファイトケミカルの栄養素に
期待できるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

          栄養(ビタミン、ミネラルなど)の摂取方法

 

どういう栄養素が必要で、どういう栄養を摂取すれば良いのか
ということを知った後には、

 

栄養の摂取の仕方についても
知らないといけません。

 

栄養の摂取方法を間違ってしまうと
健康被害が出たり、全く無意味な物になって
しまう恐れがあるからです。

 

そうならない為に、
ここでは栄養の正しい摂取方法について
お伝えしていきたいと思います。

 

専門家やサプリメントに携わっている人達である
医師や栄養士やサプリメントの販売者

 

実は彼らも間違った栄養摂取方法を
消費者や患者に教えてしまっているという事も
ありまして、

 

では具体的に何が間違っているのか
といいますと、
サプリメントを摂取する場面において、
専門家の方たちが考えることは、
その栄養素が不足している、足りないという事に
焦点を置いて、サプリメントの摂取を推奨するということです。

 

そういうことをすると、
私たちの体は良くなって、健康になっていくということが
信じられています。

 

しかし、

 

ここにも問題点があります。

 

 

問題の例を挙げると、

 

ある人がビタミンAが不足しているとします。
そうするとビタミンAが足りないということで、
ビタミンAだけを摂取するように言われて
それを飲みます。

 

ビタミンBであってもビタミンCであっても
そのような形でオススメされます。

 

ここで病気の話に例えてみると、
もし病気になった場合、
風邪を引いてノドが痛い場合は、

ノドの症状を抑える薬を飲んで下さい
と言われます。

 

サプリメントも、薬と同じような感じで
対処療法の考え、1つの場所しか見ていない、
病気で言うと、病気の症状、
栄養で言うと、足りない栄養素

 

しか見ていないということで、
簡単に言うと、
そのことが問題になってきます。

 

なぜそれが問題なのか?
については次の、

 

サプリメント2つの問題
で解説していきます。