ビタミン、ミネラル、ファイトケミカルの栄養素について

 

 

なぜ私たちはサプリメントや、ビタミン、ミネラル
ファイトケミカルが必要なのか?
ビタミンとは?、ミネラルとは?ファイトケミカルとは?

 

 

サプリメントが必要な理由は、
普段の食事から摂取できないから必要だっていう考え方、
自然の食事から摂取したほうが良いという考え方、
など色々あると思います。

 

そして、

 

世の中には良いサプリメント、悪いサプリメントという物も
存在していて、
悪いサプリメントだと肝臓などの器官に負担をかけて、
体を健康にする為にサプリメントを摂取しているのにも関わらず、
逆に不健康になるということが起きてしまいます。

 

トイレで尿をすると、色が黄色の尿が出てしまい、
要するに栄養が尿とともに排泄されてしまっているのです。

 

こういうことを経験すると、
どういうサプリメントを選べば良いのか?
どうすればサプリメントが食事と同じように上手く
吸収してくれるのか?

 

こういった沢山の疑問についてお答え、
お伝えしていければと思います。

 

まず専門家ではない、医師がサプリメントの事を語る時には、
決まって、
サプリメントで栄養を摂取する必要はない、
食事で必要な栄養素を補えばそれで良い。
このようなことを言われます。

 

しかし、現代の食事だけでは1日に必要な栄養素を摂取することは
ほぼ不可能です。

 

野菜や果物など栄養素が豊富と言われている食べ物ですら、
現代の田んぼの土には栄養が
ほとんど無くなっているから、

 

そういう栄養がない田んぼで
野菜や果物を育てたとしても
育つ野菜や果物は、
土から栄養素を吸収できないで

 

そのまま大きくなって食べられるくらいになった時でも、
昔の野菜、果物に比べて栄養価が半分以下に
なっているのは普通で、
ひどい時には10分の1以下くらいに
なっていたりもするのです。

 

 

こういう状況ということを知ってか知らずか、
サプリメントを摂取する必要がないと医師は言っていますが
そこは疑問に感じる点でもあります。

 

 

改めて、必要な栄養を摂取するのは
サプリメントなしでは、ほぼ不可能という見解を示した上で、

 

この先も話を続けていきたいと思います。

 

 

 

           現代の食事には栄養が無い

 

ハンバーガー、フライドポテト、ピザ、ステーキ、お菓子
ジュース 炭酸飲料など
アメリカでは、こういった加工されたものを普段よく食べています。

 

日本では、コンビニの加工されたおにぎりやパンやお弁当やジュースなどを
よく食べていて、

 

スーパーに売られている野菜や果物なども
食べたりするのですが、

 

これら全ての物、加工された食品も加工されていない食品も
実は、ほとんど栄養価がありません。
農薬、加工、殺虫剤、二毛作
などが理由

 

このように様々なことをされていることが理由で、
現代の野菜や果物、加工食品などは当然のことながら、
栄養価が無いのです。

 

販売者側の賞味期限を延ばさないといけないという都合もあり
食品添加物を添加したり、
腐らないように加熱して栄養素を殺したりしているので、
食品自体が生きていません。

 

このような状況下では、
いくら食生活に気を使ったところで、
私たちの前の世代の人達に比べたら
全く栄養が取れないのです。

 

なので、

 

現代では昔の食生活を再現しようとしても
栄養の面では出来ないので、
サプリメントを摂取して
不足した栄養素を補う必要がここで出てくるのです。

 

現実的に、現在のサプリメント業界は
色んなサプリメントを出していて
ピンキリです。

 

その沢山あるサプリメントの中から良いサプリメントを選んで
それを買うというのは正直、判断基準が難しい所でもあります。

 

私が思うに、良いサプリメント会社で良い製法で、質の良い栄養素をサプリメントとして
売っている会社は、100社ある中で数社くらいしか
無いように感じています。

 

なので、最初はどのサプリメントを選んで飲めば良いのか?
というのが分からないかもしれません。

 

ですが、サプリメントに関する知識をしっかりと付けて
自分なりの基準というものを持っていれば、
良いサプリメントを選ぶ目は培われますので、

 

最初はサプリメントについて少し勉強をして、
それで選んで、実際に買ってみて、飲んでみる
ということを繰り返していくと良いと思います。

 

私も色々な会社のサプリメントを摂取してきましたが、
体に合う物に出会うまでには、選んで買って飲むということを
繰り返していました。

 

 

 

 

 

            過去の栄養と現代の栄養

 

 

 

現代人が食べている食事と、過去の人達が食べてきた食事は
食事メニュー、食事の栄養価、食品加工の有無
が大きく異なります。

 

これらが過去と現代で大きく異なったことで、
現代人の食事は、バラエティーに富んだメニューで多くなりましたが、
それ以外の面では明らかに劣化しています。

 

例えば昔、50年前のほうれんそうと
現代のほうれんそうを比較した場合、
現代のほうれんそうよりも、昔のほうれんそうの方が、
なんと80倍以上の栄養価がありました!

 

とうもろこしに関しては、
昔と現代で比べたら、19倍以上の栄養価が
入っていました。

 

こういう感じで昔と今での野菜の栄養価が全然違うのには
理由があり、
同じ土地で、同じ場所で何回も何回も野菜を育てるようなことをして
土の中の栄養素が無くなってしまっているのです。

 

なので、肥料も化学肥料を使っていかないと、
野菜などの農作物がしっかりと育たないことになっています。

 

化学肥料で作った農作物に関しては、
どうしても、
栄養価が少なくて私たちが食べても栄養にはなりません。
トレースミネラルという大事な栄養素も
ほとんど含まれていません。

 

システム上これは生きていく上で、しょうがないことなのですが、
農家の方達も、出来るだけ多くの作物を栽培して
腐らないようにして
販売することで生活が出来ています。

 

それが二毛作、三毛作という風になっていって、
土に含まれている栄養素が無くなってしまうのです。

 

生活する上でも沢山の農作物を作って、
販売していかないといけないので、
同じ土地の土で何回も農作物を作って土の栄養が無くなってしまうのは
仕方がないことだと思います。

 

野菜や果物や農作物の質が食べる人にとっては大事なのですが、
農家の方達もそれは分かっています。

 

ですが、
農家の方達の生活を考えると、
質を追求するよりも量を追求するほうが
儲かって生活が出来るのです。

 

これは本当に難しい問題で、
農家の方のお気持ちも分かりますし、
消費者である私達の気持ちも分かります。

 

現代の農作物に関しては、
このような問題が起きています。