水の重要性について、水とは?

人間が生きていく上で、非常に非常に大事で
不可欠なもの、それが水です。

 

1日にどれくらいの水が私たちには必要なのか?
水が体に対してしてくれる事とは?
水がどういう働きをしてくれているのか?

 

などについて今回はお伝えしていきたいと思います。

 

キレイな水は必需品で大切なものというのは、
日常生活を考えてみるとわかります。

 

トイレで流す時、お風呂に入ったりする時、水を飲んだりする時、
植物や果物や野菜などを育てる時

 

色んな場面で、生活の中で、生きていく中で、
キレイな水というのは
必需品になっています。

 

これは過去も未来も変わらない
不変的なことです。

 

現代では色んな資源、
ガソリンとか石油とか、様々な資源がなくなってきていて、
それらの資源はあと何十年かしたら何もなくなると言う話もあります。

 

実際の所はまだ分かりませんが、
こういう話も出てきているのは確かです。

 

水という大切な大切な資源、
キレイな水、最も必要な資源、どんな資源よりも重要な資源が、
実は一番最初に無くなると言われていたら
不安に思ってくるかもしれませんが、
実際にそういう風に言われています。

 

なので、資源の中で一番、大切にしないといけない資源で、
心配しないといけない物は水だと言えるでしょう。

 

 

            世界で水が無くなってきている

 

 

 

現在も世界中では、
キレイな水が足りないっていうのが問題になっています。

 

世界中の大きい川、500以上の川が
完全に水が途絶えてしまったり、
汚染されてしまっていたり、
どんどん川が以前のような
きれいな川ではなくなってきているのです。

 

 

ダムの建設とかで川が途絶えてしまったり、
同時に川に棲む魚とか生物が
どんどん絶滅しているというのも
同時に起こってきていて、

 

昔は川がキレイで魚もいて、
そういう場所もあったのですが、
今現代では、そういうキレイな水が流れている川
というのは、昔に比べてだいぶ減ってきているという事が
起こっています。

 

水という大切な資源が失われているのです。

 

 

 

 

            水はなぜ大切で重要なのか?

 

 

生まれてから今まで、私たちはずっと水を飲んできました。
では、水はなぜ大切で重要な資源なのでしょうか?

 

それは、水というのは命だからです。
命の源と言ってもいいと思います。

 

ほとんどの人は、水の本当の大切さや、
命の源で、重要なものということを
理解してない人が多いです。

 

同時に私たちは、1日に十分に必要な水を
摂取出来ていないというのが起きていたりします。

 

水が取れていない人達は、アフリカや水の無い地域の人もそうですが、
現代の先進国に住んでいる私たちですら、水を飲もうとすれば飲めるのに
必要な水を飲んでいなかったりします。

 

そのせいで、
私たち現代人のほとんどは水分不足という状況に陥っていて、
その数は100人の内80人から90人くらいは水不足という
ことが言われています。