たんぱく質と肉とベジタリアンについて

たんぱく質は普段の食事などをしていても
普通に話題に出てくる栄養素だったりしますが、
では、たんぱく質と言うとどういうイメージがありますでしょうか?

 

肉や魚や乳製品に多く含まれている物、
沢山摂取すると筋肉を付けてくれる物
ボディービルダーに必要な栄養素
プロテインというサプリメントに含まれている物
パワーが付く物
摂取しすぎると病気になる物

 

などなど

 

色々なイメージがあるたんぱく質ですが、
ここからはたんぱく質について詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

            肉について

 

肉というと、
たんぱく質が豊富に含まれているイメージがあって
これを食べるとパワーがついて健康にもなる
という意見もあったりしますが、

 

ここでは、肉のメリットとデメリットを考えた上で
結論を言いますと、あまり摂取はしないほうがいいという
方向でご説明いたします。

 

まず、肉を食べると体が酸性に傾きやすくなり、
胃の中に入って消化を開始された肉は、
消化に時間がかかり、腸の中で腐敗しやすくなり、
悪い腸内菌が増えてしまうので、
過剰に摂取することは控えるべきです。

 

肉の摂取を控えるということになると、
たんぱく質はどうやって摂取すれば良いのか?
不健康でガリガリになったりはしないのか?
野菜ばっかり食べているとパワーが出なくなったりしないのか?

 

という意見も出てきたりします。

 

これらの意見については、
今から色々と説明していきますので、
後ほど疑問は解決できると思います。

 

ただここで言いたいのが、
私たちの体は、
肉の摂取量を減らして、
野菜中心にしたほうが
体は機能しやすくなって健康的な生活を送れるのは確かです。

 

書いている文字をよく見て頂きたいのですが、
肉の摂取をやめるではなく、
肉の摂取量を減らすと書いています。

 

野菜しか食べないベジタリアンを目指すのではなく
野菜やフルーツや大豆などその他の自然な食品を沢山摂取して
肉の摂取は少しにするという事を目指すのが良いのです。

 

 

 

          肉とベジタリアンについて

 

 

肉を全く食べないベジタリアンと会ったことは
ありますでしょうか?

 

私は何度も、そういう人達に会っていますが
不健康そうで顔が青白かったりして
健康とは遠い位置にいるなぁーという印象を受けてきました。

 

 

肉や魚や卵なども少しは摂取しないと
こういう感じの健康状態になるという1つの教訓だと思います。

 

もちろん、健康、不健康になるのは
肉を食べる食べないだけに関係していることではなくて、
色んな要素があることも事実です。

 

腸のキレイさだったり、呼吸だったり、運動だったり、ストレスだったり
本当に様々な要素があって健康になるか不健康になるかが決まります。

 

ちなみにベジタリアンという意味は、
野菜のベジタブル
から来ているのではなくて
ラテン語のベジタスという言葉から来ています。

 

ベジタスを直訳すると
活力に満ちた、元気な状態
という意味になります。

 

なので、

 

ベジタリアンは野菜を食べる人という認識ではなく、
健康で元気な人と本来は解釈するべきなのです。

 

 

たまに私はベジタリアンですと
言う人がいても、不健康で元気がなかったら
その方はベジタリアンではありません。

 

いくら自然の野菜を食べていて
いくら自然のフルーツを食べていて
いくら肉を食べないでいても、

 

不健康な人は不健康なのです。