異性化糖とは?ぶどう糖との違いは?

異性化糖とは何かと言いますと、

 

ブドウ糖と果糖を主成分とする液状の糖分、
これを異性化糖と言います。

 

もう少し詳しくご説明しますと、

 

異性化糖はエンザイム酵素を使って、
でんぷんを消化させて
それを果糖に変えて、
そこにブドウ糖をブレンドして混ぜて、
甘みを出している物になります。

 

この異性化糖の原料は、有名な食材で言うと、

 

トウモロコシ
ジャガイモのデンプン
などなど

 

異性化糖は
普通な感じの甘味料という風に
捉えられがちなのですが、

 

食品会社は異性化糖をよく使っています。
異性化糖の価格が安いというのが大きな理由です。

 

砂糖よりも安く、

 

しかも液体だからそれを
出荷したり移動させたりするのが、会社的には楽で効率が良く、
普通の砂糖よりも異性化糖の方が重宝されるのです。

 

会社にとっては、このようなメリットがあって良いのですが、
私たちの体にとってはあまり良くないです。

 

 

体は、分離された果糖を大量に摂取するのが苦手で、
果物に入っている果糖は繊維だったり栄養素があったり
するから吸収率なども安定していて、

 

こういうことは、
果物に入ってる果糖だからうまく吸収されて安定されています。
その結果、満腹感も得られるのです。

 

分離された果糖、異性化糖というのは複雑だから
体の中が混乱してしまって、
吸収のされ方が、異性化糖と普通の果糖とは全然違う
ことになります。

 

そして、

 

分離された異性化糖を取ると、、、
まずは、肝臓がダメージを受けてしまって、
一気に脂肪分として蓄積しようとしてしまう働きを肝臓がしてしまい、
これは肝臓にとって大きな負担になってしまうのです。

 

 

そもそも、
果糖はエネルギーとして使用できないというのがありまして、
エネルギーとして使えるのは、ブドウ糖です。

 

果糖には蓄積しようとする性質があるので、
果糖が肝臓の中で脂肪分として
蓄積された結果、肝臓脂肪が増えていきます。

 

 

 

 

            異性化糖とブドウ糖の違い

 

 

 

異性化糖はブドウ糖と違って、

 

異性化糖は、レプチンという脂肪制御ホルモン

脂肪制御ホルモン
脂肪をコントロールしてくれるホルモン

 

 

だったり、

 

グレリンだったり

 


グレリン
食欲を増進するホルモン

 

がありません。
逆に
自然の食べ物には、
こういったホルモンが含まれています

 

 

グレリンだったり、レプチンがない
異性化糖を取ると
満腹感がなかなか得られなかったり
満足感を得られなかったりします。

 

実際に食事をしていて、
加工された、コンビニのおにぎりやパンなどを食べると分かりますが、
なかなかお腹が一杯にならない満足感を得られなかったり
することがあります。

 

異性化糖はそういうホルモンの作用が働かないので、
過剰に食べるように脳に指令を送ってしまい、
食べる中毒症状みたいな感じになってしまうのです。

 

その結果
どうなるかというと、
食べ過ぎて、脂肪分として蓄積されて太ってしまいます。

 

これはレプチンやグレリンなどのホルモンが入っていないから
起こることなのですが、

 

逆に、自然の食品でフルーツや野菜などを食べると
加工された物に比べて少ない量を摂取しただけで
脳に満腹だから、もう食べなくても良いという信号を早く送って
くれることになり、
満腹感や満足感が得られるようになります。

 

 

食べ物の話もそうですが、
性の話も実は同じようなことが起こります。

 

異性と交わることなく、一人で行為をする時は
何回も何回もすることがあったりします。

 

これは満足する為のホルモンがなかなか出ないからです。

 

逆に、異性と交わって行為をすると、
快感を得る満足するホルモンが沢山出るので、
1回だけ行為をするだけで満足することが多いです。

 

このようにホルモンが出るか?出ないか?
で満足感を得られるか得られないかも変わってくるのです。

 

 

 

 

 

 

            異性化糖と健康被害

 

 

 

 

 

異性化糖を摂取していると
体の中のマグネシウムのバランスが崩れてしまい、
骨粗しょう症になりやすくなります。

 

こういう健康被害があったりもしますので、
異性化糖は基本的には摂取しないことをオススメいたします。

 

今現在は良いとされていても、後々悪いことが分かって
実はダメでしたというのが健康や医療の業界では沢山耳にすることですが、

 

異性化糖もその一つなので、
覚えておいて頂ければと思います。