体に悪い炭水化物とは?

日常で色んな炭水化物を取っていますが、
好ましくない、悪い炭水化物というのも実は存在しています。

 

どういうものが悪い炭水化物なのか?
色々とイメージして頂きたいのですが、
白いもの?黒いもの?柔らかいもの?硬いもの?

 

 

こうやってイメージして頂くと分かりますが、
色んな炭水化物があり、ゴチャゴチャして逆に分からなくなるくらい
沢山あります。

 

そして、

 

世間では炭水化物が良くない、悪いという風に言われていたりするのですが、
ここはもう少し具体的な感じでメッセージを伝えないと
私たちは炭水化物が悪いという
そのままのメッセージを受け取ってしまいます。

 

ここで具体的に好ましくない炭水化物を
お伝えしますが、

 

炭水化物が悪いのではなく、
加工されている炭水化物が悪い
という事です。

 

 

 

加工された炭水化物とは、
どんなものがあるか?

 

白米
白い小麦粉
お菓子
パン
パスタ
麺類
コーンフレーク
シリアル
ケーキ
キャンディー
ジュース
ソーダ
コーラ

 

 

これらの加工された炭水化物が
体に悪影響を及ぼします。

 

ちなみに、コーラは飲み物の中で
最も体に悪いとされているものであります。
でも甘くて美味しくて認知度が抜群だから
飲んじゃうんですよねー(笑)

 

 

日本人としては、
毎日、白米を食べる習慣がありますから、
出来ることならこの習慣も変えたほうが良いかもしれません。

 

いきなり白米から玄米に変えるというのは、
少し辛いので、胚芽米に変えるということから
スタートしやすいです。
私も胚芽米を食べることをしています。

 

 

日本人はこんな感じですが、

アメリカの食生活に関して言えば

 

ランチの時間になると、
例えばサンドイッチを食べるにしても
パンにハムとエッグを挟んでマヨネーズや
ケチャップを沢山塗って、
それと一緒にコーラを飲むような感じが多いのです。

 

 

           炭酸飲料に入っている砂糖について

 

炭酸飲料は本当に甘くて美味しいのですが、
この炭酸飲料にどれくらいの砂糖が入っているかご存知でしょうか?
これは大体30mlにつき、
スプーン小さじの砂糖が入っています。
350mlの缶であれば、小さじが約12杯も入っているのです!

 

これは350mlでの数字ですが、
容量が多くなるともっと砂糖の量も多くなります。

 

ちなみに、コーラにはリン酸という物質が沢山含まれています。

 

このリン酸は、悪い奴でして、
私たちの骨や全ての組織から
カルシウムを排泄させてしまい、

 

その結果、骨粗しょう症の大きな
原因にもなり得るということです。

 

 

 

              炭水化物を加工すると

 

炭水化物の代表的な物として穀物がありますが、
穀物を使って、
加工していって小麦粉という物を作るのですが、

 

加工している段階で、
最低でも30種類以上の、
本来入っている栄養素を抜いてしまうことになります。

 

栄養素の種類には、胚芽や繊維、
必須脂肪酸など、

 

様々な物があるのですが、

 

こういった必要な栄養素、
全てが抜き取られてしまうのです。

 

では、加工された小麦粉には
どういう物が残っているか?
と言うと、
でんぷん質のみが残っているだけになります。

 

 

穀物には体にとって、健康にとって必要な
沢山の栄養が入っていますが、
加工した結果、でんぷん質だけが残ってしまい、
それを、私たち消費者は買って
それを食べているのです。

 

 

そう考えると現代人の私たちは
全くと言っていいほど、炭水化物からは
必要な栄養素が取れていないということに
なってきます。

 

そこで、

 

企業は消費者の為に、色々と考えて
ビタミンやミネラルを、
加工した炭水化物に配合しよう!

 

ということで現在も色々な食材に配合されています。

 

スーパーなどにいけば色々とそういう商品が
並んでいますので、見に行って頂ければと思います。

 

こういう企業側の努力とは逆に、
ビタミンやミネラルを、
加工された炭水化物に配合されても、
スズメの涙みたいな物で、少ないのです。

 

 

しかも

 

自然のビタミンミネラルではなく
科学物質で作ったビタミンミネラルなので、
体にとっても負担になってしまい、

 

私たちの健康には好ましくないのです。