複合糖質は、なぜすぐに消化できないのか?

単純糖質よりも複合糖質の方が消化や代謝に時間がかかりますが、
この理由について

 

ここではご説明していきます。

 

 

まず、食品の中に繊維が沢山含まれていれば
含まれているほど、
炭水化物は消化代謝する時間が、
かかってしまいます。

 

繊維は人間の体に消化吸収できないものであって
カロリーも0なのですが、

 

体の中の臓器は、消化できない吸収できない繊維が入ることで
余計な仕事が増えてしまいます。

 

複合糖質には、その繊維が含まれていて、
余計な仕事が必要になるから、糖分を素早く消化して素早く吸収することが
出来なくなってしまうのです。

 

ですから、

 

繊維の無い砂糖などは、一瞬で消化吸収されて血糖値が上がってしまいますが、
基本的に繊維のある複合糖質を摂取しても一瞬で消化吸収されることはなく、
血糖値も急激に上げることはなくなります。

 

このような理由から、
消化の時間と食材に含まれている繊維は
大きく関係していることになります。

 

一般的に考えられている事として、
甘い物は急激に血糖値を上げてしまう
という考えがあったりしますが、

 

実は、
甘い物だから絶対に血糖値を急激に上げるということは
ありません。

 

例えば、

 

プルーン
ブルーベリー
ストロベリー

 

などの甘い物フルーツでも
繊維がたっぷり入っていれば
血糖値はすぐには上がらないのです。

 

野菜なども食物繊維が豊富にはいっている物は、
血糖値を急上昇させることはありません。

 

 

 

 

 

 

               繊維について

 

 

繊維は繊維でも、
実は繊維にも沢山の種類があります。

 

 

例えば、繊維の1つとして、
グルコマンナンという物があります。

 

これは砂糖分の吸収を抑えて、
消化吸収のスピードを下げて抑えてくれる
働きがあります。

 

 

他にも、ベータグルカンという繊維がありますが、
これは、心臓病の要因を抑えてくれるような働きがあります。

 

このように繊維にも色々とあって、
繊維の働きも多種多様にあったりします。

 

こういった繊維と糖分を同時に摂取することで、
体内ですぐに、消化代謝されないように
急激に血糖値を上げないようにしてくれて、
インスリンの分泌を抑えてくれて、
体に負担が無いように、繊維が助けてくれるのです。

 

 

私たちが取る糖分は、
単純糖質と複合糖質のどちらかになりますが、
このどちらかを摂取しても

 

最終的には、ブドウ糖という形で消化吸収、代謝されて、
それが体内の各細胞に送り届けられて
エネルギーとして使われます。

 

最後はブドウ糖になるのですが、
単純糖質と複合糖質の違いは、

 

繊維があるかないか
消化吸収代謝のスピードが早いか遅いかの違いになります。