脂肪の種類について

 

 

飽和脂肪酸

 

どういうものに入っているかというと

 

穀物をエサにしてる動物の肉
乳製品
チョコレート
ココナッツオイル
パーム油

 

などに入っています。

 

 

 

 

 

必須脂肪酸(多価不飽和脂肪酸たかふほうわしぼうさん)

 

体にとって必要な脂肪を
必須脂肪酸と呼ばれていますが、

 

この必須脂肪酸には、
どういうものがあるかと言いますと、

 

オメガ6脂肪酸

 

リノール酸(オメガ6脂肪酸の種類)

 

リノール酸を摂取出来る物が、

 

ベニ花油
ひまわり油
コーン油

大豆
くるみ
かぼちゃ
カノーラ油
ゴマ油

 

などなど

 

 

 

 

 

アラキドン酸(オメガ6脂肪酸の一種)
リノール酸を原料として、体内で合成されるもの
穀物をエサとする動物の肉からも摂取できる

 

 

ガンマリノレン酸
これは何で摂取できるかというと、
ボラージオイルからできます。

 

 

 

 

ジホモガンマリノレン酸
これは、(褐藻)草類の一種から取れます。

 

 

 

 

ここでまとめますと、

 

必須脂肪酸(多価不飽和脂肪酸)

 

 

オメガ6脂肪酸
リノール酸(オメガ6脂肪酸の一種)
アラキドン酸(オメガ6脂肪酸の一種)
ガンマリノレン酸(オメガ6脂肪酸の一種)
ジホモガンマリノレン酸(オメガ6脂肪酸の一種)

 

 

 

 

 

 

オメガ3脂肪酸(必須脂肪酸)

 

オメガ3脂肪酸には、どういう種類があるかというと
アルファリノレン酸 (ALA)
というものがあります。

 

そして、

 

アルファリノレン酸 (ALA)は、
どういうものから摂取できるかというと、

 

亜麻二
カノーラ油

大豆

 

などから摂取することが出来ます。

 

 

 

 

 

(オメガ3脂肪酸の一種)
エイコサペンタエン酸(EPA) 

 

(オメガ3脂肪酸の一種)
ドコサヘキサエン酸(DHA)

 

これらは、魚類、海藻類などから
摂取することが出来ます。

 

ちなみに、
アルファリノレン酸 (ALA)を分解したら、
エイコサペンタエン酸(EPA)と
ドコサヘキサエン酸(DHA)

 

になります。

 

 

ここでまとめますと、

 

オメガ3脂肪酸(必須脂肪酸)

 

アルファリノレン酸 (ALA) (オメガ3脂肪酸の一種)
エイコウサテンタエン酸(EPA)(オメガ3脂肪酸の一種)
ドコサヘキサエン酸(DHA)  (オメガ3脂肪酸の一種)

 

 

 

 

 

 

 

 

単価不飽和脂肪酸
少し専門的な話になって、ややこしいのですが、

 

炭素の2重結合が二ヶ所以上あると、以前にご紹介した
多価不飽和脂肪酸って言う物になるのですが、
炭素の2重結合が一ヶ所の場合
単価不飽和脂肪酸というものになります。

 

この単価不飽和脂肪酸の種類で、
どういう物があるかといいますと、
オメガ9脂肪酸があります。

 

このオメガ9脂肪酸が含まれている物は、

 

オリーブ
アボガド

 

この2つの物に多く含まれています。

 

 

 

基本的に、今まで紹介してきた脂肪の中で
覚えて頂きたい脂肪をまとめますと、

 

 

飽和脂肪酸、
必須脂肪酸(多価不飽和脂肪酸)
単価不飽和脂肪酸

 

この3つになります。