本物の健康を手に入れる

PHバランスと食品、代謝とタンパク質

健康と病気に大きな影響を与えるPHバランス。

 

このPHバランスを変化させる食品
についてお伝えしていきます。

 

酸性に傾ける物は?

 

肉類、魚類、鳥類、卵、乳製品、調理された穀物、砂糖

 

になります。

 

そして、
強力に酸性に傾けるものは、コーラです。
大量の砂糖、リン酸、炭酸が含まれているのが
酸性に大きく傾ける原因になっています。

 

 

 

 

 

 

アルカリ性に傾ける物は?
スピルリナ フルーツ 野菜 クロレラ 大麦若葉 小麦若葉

 

フルーツの柑橘類については、
柑橘類は酸性だから、
これは酸性ではないか?
と思うことがありますが、

 

実はアルカリ性として体の中で処理されます。
処理されるプロセスで、アルカリ性になるので
これは酸性の食べ物ですが、体内に入ったたらアルカリ性という
ことになるのです。

 

紅茶きのこについては、
これも酸性ですが、
アルカリ性に体を傾けてくれます。

 

 

           代謝とたんぱく質とPHバランス

 

 

たんぱく質が代謝されたときに、
硫酸やリン酸が発生します。

 

炭水化物や脂肪が代謝されたときに酢酸、乳酸が発生します。

 

 

体にとって酸(硫酸、リン酸、酢酸、乳酸)は毒素として扱われるのですが、

 

発生した酸を腎臓や腸に排泄していくと、
腎臓や腸はその酸によって傷が付いてしまう、
ダメージを受けることになってしまいます。

 

なので、

 

それを防ぐ為に、発生した酸をどうにかして、
ニュートラルな形に変化させないといけません。

 

そして、

 

その酸を変化させる時に、
ミネラルを沢山使うことになります。

 

ミネラルには色んな種類があり、
例えば、

 

ナトリウム、カルシウム、カリウム、ナトリウム、マグネシウム
などなど

 

こういうミネラルを活用して、
酸を毒素のないニュートラルな状態に変化させます。

 

そして、

 

ミネラルの中でも特に使われるのが、
カルシウムです。

 

私たちの体というのは、優先順位がしっかりと
システムに組み込まれていて、

 

そのシステム上、
体にとって最も優先順位が高いのは血液
という事になります。

 

血液を守らないといけませんから、
血液以外の所にあるミネラルを取ってきて、
酸を中和しようとします。

 

血液のPHバランスが崩れてしまうと、
すぐに死んでしまうから、
血液のPHバランスを正常に保とうとして、
他の物を犠牲にしてでも守ろうとします。

 

 

逆に優先順位が低い所はどこかというと、
唾液になります。

 

唾液は優先順位が低く、
血液に比べれば生死に大きくは関係しませんので、
唾液からミネラルを取って、
PHバランスを整えようとします。

 

体がまずはそこを犠牲にしますから、
基本的には、
唾液のPHバランスが一番変化がしやすくなります。

 

もし、ご自分のPHバランスを調べたいなと思った時は、
唾液のPHバランスのテストが簡単に出来ますので、
一度やってみることをオススメします。

 

唾液のPHバランステストをすると初期症状が分かるので、
酸性に傾いていたりしたら、傾向が分かり、対策を立てやすくなります。

 

従って、健康被害を食い止めて、健康になる具体的な方法も
わかってきます。

 

唾液のPHバランスのテストではなく、
血液のPHバランスのテストをしても良いのではないか?
と疑問に思われる方がいるかもしれませんが、
血液は最後の最後までPHバランスを保とうとしますから、
PHの変化はほとんどありません。

 

そういうこともあって、血液のPHバランスのテストをしても
あまり意味がないのです。

 

ちなみに、

 

唾液の理想的なPHバランスは7、45で、
血液の理想と同じです。

 

 

 

テストで、唾液が6、5や7くらいの範囲になっていたら、
おそらく風邪を引いてたり、
調子が悪かったり疲れやすかったり
そういう症状が出ている事が多いです。

 

 

5、5以下になっている場合は、
かなり100%の確率で
重大な病気を抱えていることがわかります。
大病を患っている方や、ガン患者の方
など。

 

以上のお話で、
PHバランスは病気と健康のバロメーターであることが
分かって頂けたら幸いです。