本物の健康を手に入れる

肝臓の働き

私たちが息を吸ったり、ご飯を食べたり、飲み物を飲んだり
色んな行為をしますが、
体の中に入った全ての物を、肝臓はフィルターをしてくれています。
色々と肝臓にも仕事があるのですが、大きな役割の一つとして
フィルターの役割があります。

 

      肝臓を大事にしないと健康にはなれない

 

健康になりたい元気になりたいという願望がいくらあっても、
この肝臓がしっかりと、
機能していない限りは、
健康になることは絶対に出来ません。

 

そして、

 

健康について少し考えてみると、

 

免疫機能であったり、
体力であったり、
気力であったり、
集中力であったり、
気持ちであったり、
運動能力であったり、
様々なものがありますが、
これらは健康か不健康かで
大きく変わってきます。

 

普段、
元気がないとか疲れたとか、風邪が引きやすいとか
落ち込んでいるとか、色んな不調があったりしますが、
これらの全ては必ず肝臓に関係しています。

 

他の器官も、
もちろん大事ですが、
健康になる上で肝臓も本当に大事な器官なのです。

 

肝臓は非常に大きな器官としても有名で、
肌の次に大きな臓器、器官で、

 

肝臓の重要度で言うとトップといってもいいくらい
重要度が高いのですが、
なぜか一般的には、
あまり重要視されていない臓器のように思います。

 

そして、

 

肝臓の病気になっている人が日本にも多いのですが、
肝臓の重要度をあまり理解していないが為に、
無視をしているが為に、
肝臓を大事にしないで、
病気になっているのではないかと
推測が出来ます。

 

        肝臓の様々な仕事とは?

 

 

人間の中でもトップクラスで大事な臓器であり
大きな臓器である肝臓は、どういう仕事をしているのか?

 

まず先に言っておきたいことは、
肝臓に色んな機能があって非常に複雑です。

 

肝臓の仕事は最低でも細かいものを合わせたら
200種類以上あると言われています。

 

簡単に言うと、
肝臓は体内に入ってくる物質を貯蔵したり、
何かの物質に変化させたり、
物質を調整したり、
分泌物を出したり、色んなことをしてくれます。

 

 

脂肪分を貯蔵したり、
血液をキレイにして中和して血液の中に入ってる
カスをキレイにしてあげたり、
毒素を中和したり、
たんぱく質を代謝したり

 

新しい淡白物質を作ったり代謝したり、
アルコール分を代謝したり、
体に入ってくる化学物質や
薬物を調整したり中和したり
ご飯を食べた時に、
胆汁を出して消化を助けたり

 

 

血液の中にバクテリアが入ってきたらそれを
殺してくれるように
免疫のシステムを作ったり

 

感染してるのを治してくれたり
ビタミンやミネラル、糖分や砂糖分を貯蔵したり
単発的なエネルギーが必要な時にそれを出してくれたり
コレステロールのバランスをとってくれたり
ホルモンのバランスをとってくれたり
肝臓そのものにダメージ受けた時に、回復させたり

 

 

このように非常に多くのお仕事を肝臓は
日々してくれているのです。

 

こういう仕事ぶりを見ていると肝臓に感謝をしたい気持ちに
なってくるかもしれません。